ルノー トゥイジー

ルノーは、9月30日に開幕したパリモーターショーにおいて、『トゥイジー』の市販バージョンを初公開した。超小型のシティコミューターEVは、2011年末に発売される。

ルノーは2009年のフランクフルトモーターショーにおいて、一挙に4台のEVコンセプトを出品。その中の1台が、『トゥイジーZ.Eコンセプト』だった。今年のパリで披露されたトゥイジーは、その市販バージョンである。

トゥイジーの最大の特徴は、コンセプトカーをほぼそのまま市販に移した大胆なスタイリングにある。真横から見ると、キャビンは六角形のデザイン。ボディから独立したサイクルフェンダーも、ユニークな試みだ。サイドドアは、上方に跳ね上げて乗り降りする。乗員はタンデムに座り、定員は2名だ。

ボディサイズは、全長2320×全幅1191×全高1461mm、ホイールベース1684mm。ダイムラーのスマート『フォーツー』(全長2720×全幅1560×全高1540mm、ホイールベース1865mm)と比較すると、トゥイジーはひと回り小さい。最小回転半径は3.4mと、取り回しの良さが際立つ。

EVパワートレインは必要最小限だが、バッテリーを含めて450kgの軽量ボディには必要十分以上。モーターは最大出力20ps、最大トルク5.8kgmを発生。2次電池はリチウムイオンバッテリーで、最大100kmをゼロエミッション走行できる。最高速は75km/h。充電は家庭用の220Vコンセントから行い、3 - 4時間で完了する。

トゥイジーは2011年末から、欧州の一部市場で販売開始。ルノーは「3輪スクーター並みの価格で発売する」と、普及に意欲を見せている。

ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー ルノー トゥイジー