三協立山の太陽光発電するカーポート

三協立山アルミは、太陽光発電モジュールをカーポート屋根に組み込んだ「太陽光発電システム・ソーラスター」を12月から発売する。

躯体の強度や家屋・屋根形状から太陽光発電システムの設置が難しい住宅や、より多くの発電量を確保するカースペースでの発電を提案する。太陽光発電の電力は家庭内で使用する。

同社は09年8月、太陽光発電システムを上乗せしたカーポート「M.シェード」「G-1」を市場投入した。今回発売する商品は、太陽光発電モジュールをカーポートの屋根に組み込み一体型とし、太陽光発電システムの上乗せ型に比べ、デザイン性や施工性の向上を図った。

また、同社は、普及が見込まれる電気自動車(EV)に対応する「電気自動車対応プラグインスタンド・電気ためちゃいます」を今年6月に発売したが、新製品ソーラスターと同時に営業活動を展開し、太陽光発電で発電したクリーン電力でEVを充電するプランを提案していく。

三協立山の太陽光発電するカーポート