ルークス

全国軽自動車協会連合会が発表した9月の軽自動車ブランド別販売台数によると、ダイハツが前年同月比7.5%増の6万0579台でトップとなった。

2位のスズキは同4.4%増の4万8684台でダイハツとは1万台以上の差がついた。

3位は日産で、同40.8%増の1万4403台となり、再びホンダを抜いた。ホンダは同3.7%減の1万4273台で、日産とは僅差ながら4位に転落した。

5位は三菱自動車で同6.6%減の1万1012台、6位がスバルで同2.7%減の9799台、7位のマツダが同11.3%減の4535台だった。