昭和シェル石油は1日、9月の石油製品の卸価格の改定幅を発表した。それによると、ガソリンの卸価格の改定幅は1リットル当たり1.6円の引き下げとなった。

軽油の卸価格は1リットル当たり3.9円の引き下げ、灯油の卸価格は1.9円の引き下げだった。原油調達コストの下落により、卸価格を順次引き下げていったとみられる。