メルセデスベンツ CLS

ダイムラーは9月30日、パリモーターショーにおいて、新型メルセデスベンツ『CLS』をワールドプレミアをおこなった。

2代目CLSは、初代で好評の4ドアクーペスタイリングにいっそうの磨きをかけ、エレガントさやダイナミックさを追求。フロントマスクはスーパーカーの『SLS AMG』をモチーフに、力強さが表現された。

インテリアは、インパネからドアへと回り込んだラップラウンドデザインを採用。レザーやウッドなど吟味された素材を使い、メルセデスベンツらしいラグジュアリー性を演出している。

エンジンは、トップグレードの「CLS500ブルーエフィシエンシー」に『CLクラス』や『Sクラス』が先行搭載した新世代4.6リットルV型8気筒ツインターボ(408ps)を搭載。また、全エンジンにアイドリングストップや7Gトロニックプラスを採用し、先代比で燃費を最大25%向上させている。

新型は2011年1月から、欧州での販売をスタート。ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長は、プレスカンファレンスにおいて、「新型CLSは高い安全性やファーストクラスの快適性を備えたモデル」と胸を張る。

メルセデスベンツ CLS 新型 メルセデスベンツ CLS 新型 メルセデスベンツ CLS 新型 メルセデスベンツ CLS 新型 メルセデスベンツ CLS 新型 メルセデスベンツ CLS 新型 メルセデスベンツ CLS 新型