ロータス エリーゼ プロトタイプ

ロータスカーズは9月30日、パリモーターショーで新型『エリーゼ』のプロトタイプを初公開した。発売は2015年だ。

新型は、ロードスターとクーペの2ボディを設定。そのため、従来エリーゼのクーペボディの位置づけだった『エキシージ』は、その名前が消滅している。

2シーター、ミッドシップ、後輪駆動というエリーゼの基本は継承。2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、スーパーチャージャーで過給され、最大出力320ps、最大トルク33.7kgmを引き出す。このエンジンは、7800rpmがレブリミットだ。

トランスミッションは6速MTが基本で、DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)をオプションで用意。1095kgという軽量さは健在で、0-100km/h加速は4.3秒、最高速は270km/hに到達する。

また新型には、アイドリングストップを核としたマイルドハイブリッド技術を導入。ロータスによると、CO2排出量は150g/kmに抑えられるという。

新型は2015年春、欧州市場でリリース。英国での価格は、3万5000ポンド(約460万円)からを予定している。

ロータス エリーゼ プロトタイプ ロータス エリーゼ プロトタイプ ロータス エリーゼ プロトタイプ