シトロエン DS3 WRC

シトロエンは30日に開幕したパリモーターショーにおいて、2011年シーズンのWRC(世界ラリー選手権)マシン、『DS3 WRC』を初公開した。

FIA(国際自動車連盟)は、2011年シーズンからWRCのレギュレーションを変更。エンジンは排気量1600cc+ターボとなる。シトロエンは2007〜2009年のWRCを制した『C4 WRC』に代えて、2011年シーズンから『DS3』をベースにしたDS3 WRCで参戦する。

エンジンは、市販のDS3用の直噴1598cc直列4気筒ガソリンターボを搭載。ただし、最大出力は300ps/6000rpm、最大トルクは35.7kgm/3250rpmまで高められた。トランスミッションは6速シーケンシャル。駆動方式はフルタイム4WDだ。

ボディサイズは全長3948×全幅1820mm、ホイールベース2461mm。全幅はレギュレーションぎりぎりまで拡幅された。ダブルリアウイングなどにより、エアロダイナミクス性能を向上。車両重量は、FIAが規定する最低重量1200kg(乗員を含む)を満たす。安全面も徹底追求されており、ロールケージの長さは40mにも達する。

DS3 WRCは2011年2月のWRC開幕戦、ラリー・スウェーデンで実戦デビュー。シトロエンはニューマシンで、WRC制覇を狙う。

シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC シトロエン DS3 WRC