オートバックスセブンは、自動車保険の独自商品の開発から撤退すると発表した。

同社は、チャーティス・ファー・イースト・ホールディングスと合弁会社「エイ・アイ・ピー」を2006年に設立して新しい自動車保険の開発と販売実験を行ってきた。しかし、自動車保険の競争は激しく、後発参入で存在感を打ち出すのは困難と判断した。チャーティスとの合弁事業を解消し、エイ・アイ・ピーは解散する。

オートバックスは、自動車保険の販売は継続する方針で、今後アメリカンホーム保険の自動車保険の取り扱いを強化する。