トヨタ自動車は、製造部門で品質管理体制を強化するため、10月1日付けで組織改正を実施すると発表した。

今回の組織改正では製造本部の上郷工場の製造エンジニアリング部を品質管理部に再編するとともに、一部の機能をエンジン鋳造部、第1エンジン製造部に移管する。また、下山工場の製造エンジニアリング部も品質管理部に再編するとともに、一部の機能を第1エンジン製造部に移管する。

製造エンジニアリング部を、品質に特化した品質管理部として再編することで、品質監査・管理機能を強化するのが狙い。

さらに、住宅事業本部(住宅企画部、住宅技術部、住宅生産部、春日井事業所、栃木事業所、山梨事業所)を廃止して住宅子会社のトヨタホームに移管する。住宅の開発・生産・販売の全機能をトヨタホーム内に集約することで、迅速な意思決定と機動的な事業運営を展開していく。