出光興産は、10〜12月期の国内向け原油処理計画を4製油所合計で前年同期比1%減の670万キロリットルにすると発表した。小幅ながら減産を継続する。

4〜9月期の国内需要は、前年同期横ばいの1270万キロリットルとなった。4月の気温低下や7、8月の猛暑の要因により、揮発油を中心に前年を上回る見込み。

しかし、10月以降の需要は、気温要因による底上げ効果がなくなるため、減少すると想定。需要減少に対応のため、減産を継続する。