ガリバーインターナショナルは、2011年2月期の通期連結業績見通しの収益を上方修正した。

売上高は1370億円で前回予想を据え置いた。エコカー補助金制度終了直前の駆け込み需要に対する反動減が見込まれるものの、ガリバー直営店の小売台数は同9%増の4万4000台で据え置いたため。

収益では、社内管理の撤退やマーケティングコストの効率化を図ったことなどから営業利益40億円を予想していたが60億円となる見通し。

経常利益も39億円から59億円に上方修正した。最終利益は前回予想よりも28億円増となる47億円となる見込み。