ビステオン Cビヨンド

米大手部品メーカーのビステオンは、30日に開幕するパリモーターショーにおいて、40以上もの先進技術を搭載したコンセプトカー、『Cビヨンド』を初公開する。

Cビヨンドは、シトロエン『C4ピカソ』をベースに開発。近い将来の実用化を想定した40以上もの先進テクノロジーを満載しているのが特徴だ。

その先進装備は、ヘッドライトなどの外装から、インテリアに至るまで、多岐に渡る。中でも「アドバンスド・コネクティビリティ」と称して、コクピットのデザインを一新。車内のインフォテインメント環境を、大幅に進化させているのが注目できる。

例えば、最新の無線LANシステムにより、インターネットに常時ワイヤレス接続できるのはもちろん、ヘッドアップディスプレイやモニター類も、「情報を表示する」から、「ドライバーを導く」という考え方へ変更。ナビゲーションは、事前に旅行プランを立ててくれる。

ビステオンのプロダクトグループを率いるスティーブ・メザロス社長は、「Cビヨンドは未来の顧客のトレンドとニーズに見合うもの」と、自動車メーカーに対してアピールしている。

ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド ビステオン Cビヨンド