栗東工場のイメージ図

GSユアサと三菱商事、三菱自動車が出資する電池会社、リチウムエナジージャパンは29日、滋賀県栗東市の栗東工場着工を前に地鎮祭を開催した。10月1日に着工し2012年4月に生産を開始する。

新工場の生産能力は三菱自動車の電気自動車(EV)『i-MiEV』5万台分に相当する。12年夏頃のフル生産時には従業員数は700〜800人を予定している。

同社は現在、滋賀県草津市の草津工場でi-MiEV換算で6800台分のリチウムイオン電池を生産している。これに加え、京都工場(GSユアサ京都事業所内)でも増産準備を進めており、12月からは年間1万1000台分の出荷を予定している。

3工場が稼働することで、同社の車載用リチウムイオン電池の生産能力はi-MiEV用換算で年間6万7800台分になる。