ジェイテクトは、中国の瓦房店軸承集団(ZWZ)と、中国で自動車用軸受を合弁で生産することで合意した。

この合意を受けて両社による経営委員会、共同営業チームを発足し、今後3か月をめどに合弁契約書を締結する予定。合弁会社の出資比率は折半出資とし、総投資額は約10億元(約125億円)を予定している。

ジェイテクトでは、自動車市場が成長している中国での生産・販売・技術開発体制を強化する方針。中国事業では現在、1994年に設立したミニチュア・小径軸受の生産会社を皮切りに、現在14の生産拠点を持つ。中国トップクラスの軸受企業であるZWZとは、1995年に自動車ホイール軸受の合弁工場を設立した。

今回、これまでの合弁事業の枠を超え、自動車用軸受に加えて、鉄道用・風力発電用などの産業機械・市販分野での協業も視野に入れ、合弁会社を設立することで合意した。

新設する合弁会社は、エンジンやトランスミッション、ホイール用などの自動車用軸受を生産し、日欧米系自動車メーカー、中国資本の自動車メーカーに供給、中国市場で自動車用軸受のトップシェア獲得を目指す。