25日午前0時ごろ、兵庫県加古川市内の国道2号・加古川バイパス下り線で、バイクの単独転倒を発端とした多重衝突事故が発生した。車両8台が巻き込まれ、3人が軽傷を負った。路上に落ちていたマヨネーズを踏み、この油分でスリップしたものとみられる。

兵庫県警・高速隊によると、事故が起きる約10分前に「路上にマヨネーズが入った段ボール箱が散乱している」との通報が寄せられた。

同隊がパトロールの準備を進めていたところ、マヨネーズの油分でスリップしたバイクが単独転倒。これを避けようとした乗用車が中央分離帯に衝突するなど、後続車も衝突や追突を繰り返し、結果として車両8台が関係する多重衝突に発展した。この事故で3人が打撲や擦過傷などの軽傷を負っている。

路上に散乱していた段ボール箱は先行するトラックから落下したとみられ、約300mの範囲に数個が落ちていた。中身はマヨネーズで、これを通過車両が踏んでいったことで路上に拡散。油分でスリップしやすくなったようだ。警察では荷崩れを起こした車両の特定を進めている。

現場は加古川市加古川町付近で、片側2車線。路面についた油分を除去する作業のため、事故現場を含む加古川東ランプ−加古川ランプ間が約5時間に渡って通行止めとなった。