JVC・ケンウッド・ホールディングスは、11月1日付で事業子会社の日本ビクターの車載AV機器用の光ピックアップおよび光学関連部品事業を、同じくグループの事業子会社でカーエレクトロニクス事業を手がけるJ&Kカーエレクトロニクスに移管すると発表した。

日本ビクターの事業移管で、車載AV機器用デバイスから、カーナビやカーオーディオなどの完成品までカーエレクトロニクスに関する事業運営をJ&Kカーエレクトロニクスに一本化して、事業の効率化、スピードアップを図るのが狙い。

これまでビクターの光ピックアップ事業部門が担当していた営業活動は、J&Kカーエレクトロニクスの子会社となるJ&Kオプティカルコンポーネントに一元化し、顧客への対応力の向上、スピードアップを図る。

今回の事業移管でJ&Kカーエレクトロニクスが開発、生産を手がけるCD/DVD用光ピックアップは、ケンウッド、ビクター両社のブランドによるカーオーディオ、カーナビゲーションシステムなど自社向けと外販向けを合わせて4000万台規模となり、規模の拡大と販路の共有による販売拡大が見込める。