タチエスは、自動車生産台数の増加が見込まれる中国事業を強化するため、中国に自動車用シート部品を製造する工場を新設すると発表した。

新会社は「上海泰極愛思汽車部件」で、上海市郊外に10月に設立する。資本金は5400万元(約7億円)でタチエスが100%出資する。

新工場は2011年3月から操業する予定で、生産能力は2015年度に年産100万台分。従業員数は400人、売上高は95億円を見込んでいる。

新会社はタチエスの関係会社に向けてシート部品を供給、日系と現地の自動車メーカー関連に順次納入先を拡大していく方針だ。