双葉電子工業は、自動車向けプレス金型を設計・製造する連結子会社のシンエイを解散すると発表した。

国内の自動車生産台数はリーマンショックで急落、その後はエコカー補助金制度や輸出の好転で生産台数は回復してきたものの、投資の抑制傾向は強く、今後の事業の継続は困難と判断、解散を決めた。

シンエイは9月末開催の臨時株主総会で解散を決議、2011年6月までに清算する予定。

双葉電子では業績に与える影響を精査中で、今後修正が必要な場合は公表するとしている。

自動車用の金型は、業界2位の富士テクニカが3位の宮津製作所と統合した上で、企業再生支援機構による政府主導で経営再建が決まったばかり。今後も需要の低迷で、再編が加速しそうだ。