洗髪ロボット

パナソニックは、ロボット技術を応用し、ベッドと車いすに相互に形状が変化することで、介護する人の負担軽減と、介護が必要な人が安心して車いすに移乗できる「電動ケアベッド」と介護施設や病院での洗髪を施設スタッフの負担を軽減できる「洗髪ロボット」を開発した。

電動ケアベッドは、従来の電動介護ベッドと同様の背上げ・ひざ上げ・高さ調節などの機能を持ちながら、ベッドの半分が車いすユニットとして機能する。ベッド本体と車イスユニットの分離・合体がスムーズに行えるため、移乗を簡単・安全に行うことが可能となる。介護が必要な人と介護する人両方の負担やリスクを軽減できる。ロボット技術で培ってきた機構部品の工夫やモータ数の削減で、単純・安全な分離・合体機構を実現した。

また、洗髪ロボットはロボットハンド技術を応用、手洗い・泡洗浄を合計16の指先で洗髪するロボット。頭の形を予めスキャニングし、いろいろな形の頭に対して最適な力加減で頭全体をマッサージしながら洗浄動作する。個人ごとのデータもメモリ登録可能で、毎日の洗髪ニーズにも対応する。

同社は今後もこれら機器の開発を加速し、介護を必要とする人に安心・安全な生活サポートを提供していくとしている。今回の開発品は9月27日から東京ビッグサイトで開催される第37回国際福祉機器展に参考出品する。

電動ケアベッド(車いす機能付き)