日立製作所とパナソニックは、グローバル市場でのスマートコミュニティ関連事業で協力関係を構築することで合意した。

日立が強みを持つコミュニティエネルギーマネジメントシステム(CEMS)技術と、パナソニックが強みを持つホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)技術をベースに、新しい技術の実用化と普及をめざして、インターフェイスの共同開発や標準化への取り組みなどを推進する。

CEMSは、風力発電、大規模太陽光発電などの新エネルギー発電も含めた発電設備からの系統電力の供給側と、戸建て住宅、マンションやオフィスビル、電気自動車(EV)の充電システムなどの需要側のシステムを連携させ、管理・運用するシステム。

HEMSは、各家庭の家電製品、太陽光発電機器、家庭用EV充電器や蓄電池などの設備機器をつなぐことで、家全体のエネルギー使用量、省エネ目標値の達成状況やアドバイスを見える化するシステム。

今回、それぞれで開発してきた日立のCEMS技術とパナソニックのHEMS技術をベースに、インターフェイスの国際標準化の共同研究開発を視野に入れたアクセス方式の共有化を行う。同時に、CEMS、HEMS関連事業の市場情報などを共有して、実用化や普及を促進していく。