パーク24は、10月1日から東海エリアのタイムズで、JR東海が発行する電子マネー「TOICA」に対応すると同時に、TOICAを使った乗車履歴連動型の「交通ICパーク&ライドサービス」の提供を開始する。

今回、タイムズ桑名駅前、タイムズ枇杷島駅前、タイムズ穂積駅北、タイムズ岐阜羽島、タイムズ熱田駅前の計5か所で、駐車料金の決済をTOICAで対応できるようにする。

このうち、タイムズ桑名駅前、タイムズ枇杷島駅前、タイムズ穂積駅北の3か所では、TOICAを使って鉄道を利用した場合、記録された利用履歴に応じて、タイムズの駐車料金を自動的に優待する交通ICパーク&ライドサービスを導入する。

このサービスでは、切符を見せるなどの手間をかけずに、自動的に優待料金が受けられる。他のエリアですでに実施しているが、利用者数はサービス開始から2年半で累計30万人を突破している。