東芝は、ベトナム子会社の東芝産業機器アジアが、ホーチミン市近郊のドンナイ省のアマタ工業団地に産業用高効率モーターの新工場を竣工し、22日に操業を開始したと発表した。

新工場は同社最大規模のモーター生産拠点で、100馬力以下の産業用高効率モーターを製造する。2015年度に完成品ベースで年産120万台を製造し、グローバル市場に出荷する予定。2015年の従業員数は約500人を計画している。

消費電力を抑えることでCO2排出量を低減できる高効率モーターのニーズが高まっている。今年12月には米国をはじめ、世界各地で所定基準以上の高効率モーターの製造・販売が法律で義務化される予定で高効率モーターの需要は急増する見通し。

新工場で生産するモーターは、当面、北米市場向けの輸出が中心となり、その後は中国、東南アジア、日本、欧州、豪州などに拡大する。

新工場の稼動により、東芝は既存製造拠点である東芝産業機器製造(三重県)、米国の東芝インターナショナル米国、中国の東芝大連社の3拠点とともに、全世界に4極体制で供給できる生産体制が確立した。