19日午前8時35分ごろ、茨城県北茨城市内の常磐自動車道上り線を走行中の乗用車が路外に逸脱。中央分離帯に衝突した後、道路左側のガードレールにも衝突する事故が起きた。クルマは大破。運転していた男性が車外に投げ出され、死亡している。

茨城県警・高速隊によると、クルマは第2車線を走行中に路外へ逸脱。中央分離帯のガードレールに衝突したが、この弾みで第1車線側に飛ばされ、道路左側路外のガードレールにも衝突した。

クルマは横転大破。運転していた男性は車外に投げ出され、全身強打でまもなく死亡した。後の調べで、福島県いわき市内に在住する45歳の男性と判明している。

現場は北茨城市華川町車付近で、片側2車線の直線区間。警察では事故の原因を調べている。