クロスオーバー(写真は欧州仕様のカントリーマン)

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、11月13日にMINIの顧客向けサーキットイベント「MINIコネクション2010」を千葉県袖ケ浦市の袖ヶ浦フォレストウェイで開催すると発表した。会場では日本で初公開となる『MINIクロスオーバー』の実車を展示する。

このイベントは2006年から2年に1回のペースで開催している。MINIの既存顧客への関心、興味を高めることと、MINIブランドの魅力を潜在顧客へも拡げていくことが狙い。

今回で3回目となるMINIコネクション2010のコンセプトは「MINIを通じて人々がつながっていくこと」。サーキット走行プログラムのほか、イベント会場ではダンスパフォーマンスやBMXパフォーマンスも実施、MINIの世界を体感してもらう。

また、オーナーが独自にカスタマイズしたMINIを披露する「MY MINIコンテスト」やMINIのライフスタイルグッズを販売するほか、音楽や映像などを用いてMINIの世界観を演出する。

参加料金は前売り3500円、当日4000円。

クロスオーバー(写真は欧州仕様のカントリーマン) クロスオーバー(写真は欧州仕様のカントリーマン) クロスオーバー(写真は欧州仕様のカントリーマン) クロスオーバー(写真は欧州仕様のカントリーマン)