イメージ

18日午後0時30分ごろ、群馬県川場村内の村道に駐車していたマイクロバスが無人のまま滑走。後部で荷降ろし作業を行っていた運転者の男性をはねる事故が起きた。この事故で41歳の男性が死亡している。

群馬県警・沼田署によると、バスは東京からの客9人を乗せて現場近くのキャンプ場に到着。バスを運転していた東京都世田谷区内に在住する41歳の男性が荷降ろしを行っていたところ、無人のまま坂道を動き出した。

男性は押し出されるようにして転倒。近くの病院に収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡した。客は降車しており、全員無事だった。

現場は川場村小田川付近。バスは緩い坂道に停車していた。警察ではサイドブレーキの掛け方が甘かったものとみて調べを進めている。