三菱電機は、2010年9月の中間配当について1株当たり5円を実施すると発表した。

同社は市場環境が不透明なことから今期の中間配当、期末配当ともに配当予想を「未定」としていた。円高の進行などの不安要因はあるものの、業績は順調に回復しているため、配当を実施する。前年の中間期は無配だった。

期末配当予想については引き続き先行きが不透明なため、「未定」のまま継続する。