エアアジア 羽田クアラルンプール片道5000円を発表(21日・都内ホテル) 撮影=中島みなみ

LCC(ローコストキャリア)のエアアジアXは、今年12月9日から羽田空港とマレーシア・クアラルンプール空港を結ぶ直行便を就航。これを記念して、片道5000円のキャンペーンを開始する。

エアアジアXは、エアアジア(本社=マレーシア アズラン・オスマンラニ)の長距離路線。エアアジアXとしては、7か国12番目の路線となる。

対象搭乗期間は12月9日から来年7月31日まで。9月23日から10月31日まで、エアアジアのウェブサイトから予約した場合に限り、キャンペーン価格となる。

東京発クアラルンプール行きは、羽田空港23時45分発翌6時30分着。クアラルンプール発東京行きは、クアラルンプール国際空港14時40分発22時30分着。火、木、日曜日発の週3便。

エアアジアは、この路線からLCC業界初の「プレミアム・フラットベッドシート」を搭載したエアバスA300を投入する。

エアアジアの運賃は、燃料サーチャージや払戻手数料はない。ただ、空港税が別に必要となる。このキャンペーン価格の場合、空港税3000円を含め運賃総額は8000円。