14日午前9時20分ごろ、長野県辰野町内の中央自動車道下り線で、草刈作業のために車線規制準備を進めていた男性作業員に対し、後ろから進行してきたトラックが衝突する事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡している。

長野県警・高速隊によると、男性は第1車線側へ三角コーンを並べて車線規制の準備を進めていたが、そこに車線変更してきたトラックが突っ込んできたものとみられる。

男性は数十メートル弾き飛ばされて全身を強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡した。警察はトラックを運転していた群馬県高崎市内に在住する27歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

現場は辰野町大字平出地籍付近で、片側2車線の直線区間。事故当時、現場の約1km手前からコーンの設置が終了していたという。警察ではトラックが漫然と車線変更した可能性が高いとみて、調べを進めている。