日本電子専門学校

幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2010」(16〜19日)では、明日のゲームクリエイターを育成している専門学校を集めた「ゲームスクールコーナー」が設けられた。その中で、来場者の注目を浴びたのが日本電子専門学校のゲームだ。

「エイムレーシング3」というレーシングゲームがそれで、「先輩たちがつくったものを引き継ぎ、学生40人で約半年をかけて完成させた」とのこと。スピードは270km/hまで出せ、ネットワークにも対応しているという。

ただ、その制作には苦労し、本物のサーキットのように見せるため、鈴鹿サーキットを参考に何度も試行錯誤を重ねたそうだ。「まだ完璧ではなく、改良の余地がある。あとは後輩たちに頑張ってもらいたい」と制作者の学生は話していた。