19日、榛名湖畔駐車場(群馬県高崎市)

伊香保おもちゃと人形博物館が主催する『第9回伊香保クラシックラリーミーティング』が19日、榛名湖畔駐車場(群馬県高崎市)を基点に開催された。

1985年までに生産された国産及び外国車(同型車は後年式まで参加できる)が参加資格を持つこのイベントに、今回は150台を超える参加台数があった。このイベントの大きな特徴のひとつは、国産、外車問わず参加が出来る点で、見る者にとってもバラエティに富んだ参加車を見ることが出来るのだ。

特に今回は、1928年式のブガッティ『T43』から1989年式のユーノス『ロードスター』まで60年も開きのある参加車が一堂に集まり、大いに盛り上がった。

また、今回は榛名湖周辺を約50km走るコースで、やっと涼しくなってきた高原のワインディングロードを気持ちよく駆け抜けていた。

伊香保おもちゃと人形博物館が主催する次回のイベントは、1979年までに生産された国産車が参加資格を有する、『コンクール・デレガンス・ジャパン』で、11月28日に伊香保おもちゃと人形博物館(群馬県北群馬郡吉岡町)で開催される予定である。

珍しいフェラーリ365GTC4 メッサーシュミットSuper200 ラリー仕様に仕立てられたフェアレディ240Z こんなかわいらしい軽自動車も参加。マツダ・ポーターバン プリンスグロリアスーパー6。西陣織のシートなど贅を極めた1台 パブリカ(左)とカローラレビン 楽しそうにタイムラリーに参加しているウェストフィールド・スーパー7 今回最も古い参加車。1928年のブガッティT43 こんなスーパーカーも。フェラーリ・テスタロッサ トライアンフTR-4 ポルシェ356ロードスター