ツインリンクもてぎのオフィシャルショップのブース

19日、INDY JAPAN決勝レースが開催されたツインリンクもてぎのメインスタンド前のブース、パドック、セレモニーの様子などを写真でお届けしよう。

たいていのレース場は、決勝ともなるとメインスタンド周辺に売店やグッズショップのブースなどが並ぶ。INDY JAPANでもその例に漏れず、さまざまな露店が賑やかに軒を連ねた。

ビールを販売するサーバーは優勝トロフィー型。優勝したスパイダーマンことエリオ・カストロネベス選手が所属するTeam Penskeのチャーターバスには、カストロネベス選手の顔写真を貼ったスパイダーマンの人形が飾られていた。

なお、前日の予選でベストタイムを出したカストロネベス選手はオープニングセレモニーで賞金をもらっていた。また、オープニングセレモニーでは、選手入場、巨大な星条旗の入場、合衆国国家独唱のほか、日光東照宮の雅楽隊による雅楽の演奏も行われた。

選手ごとの応援メニューを用意したブース。油そばはロータスカラーで、ダン(男)・ウェルドン(丼)だそうだ。本人公認? 決勝レーススタート前 GT選手権の選手によるトークショー ツインリンクもてぎのメインゲート メインゲートとコントロールタワー。レースはオーバル外周を使うため、レース開始前は、内周コースに招待客などクレデンシャルによって入ることができる オーナーによる100台のデモパレード走行を行ったCR-Z 予選ベストラップの賞金10万ドルをもらったカストロネベス選手 決勝出場選手のあいさつ。ピットワークで上位にあがっていった、女性初の優勝経験者のダニカ・パトリック選手(前列、向かって右はし)には日本にもファンが多い 国家演奏中は、クルーも観客も起立、脱帽、これ世界の常識 日光東照宮雅楽隊の雅楽の演奏 メインスタンド。ターン1、いわゆる第一コーナー前の観客席