RS5

いま、アウディが売れている。今年1月から8月までの日本での販売台数を前年同期と比べると、メルセデスベンツが10%増、BMWが13%増なのに対し、アウディは18%。

アウディ・ジャパンが発足した1998年以降、販売台数は増加し続けていて、リーマンショックが自動車業界を襲った2009年でも販売実績が前年を下回ることがなかったのだからまさに破竹の勢いだ。

「今年の日本でのアウディの販売目標は、16691台です」。アウディ・ジャパンの新社長に就任した大喜多寛氏は、『RS5』の発表会において報道陣に向けて改めて語った。しかし、なぜ、1万6691台という細かい数字なのか?

実はこの数字は、1990年に記録された日本での歴代最多販売台数なのだ。すなわち過去の記録を更新することが2010年のアウディ・ジャパンの目標なのである。

今年1月から8月までのアウディの日本市場での販売台数は1万1154台。昨年9月から12月までの販売台数は6733台だったから、「今年後半で、昨年並みの販売台数をキープできれば新記録を達成できる数字です」という大喜多社長の言葉も現実的だ。

ただし、懸念材料もある。「アウディは今、世界的に人気があり供給が需要に追いついていないのです。日本向けの台数を増やすように(ドイツ本社へ)働きかけているのですが、なかなか応えてもらえません」(大喜多社長)。

エコカー補助金が終了し、反動による販売減の心配をしている国産メーカーにとってはなんともうらやましい悩み事だ。

RS5 RS5 RS5 RS5 RS5