初登庁した馬淵国交大臣(17日20時・国交省) 撮影=中島みなみ

菅改造内閣で外務大臣に就任した前原誠司氏前国交相の後任に、副大臣の馬淵澄夫氏が昇格した。内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)を兼任する。

馬淵氏は09年8月の政権交代直後に国交副大臣に就任。鳩山内閣から菅内閣に移った後も、前原氏とともに国土交通省に留まった。

馬淵氏といえば、高速道路無料化の急先鋒。8月末に支援者向けに開催した講演会で、概算要求で具体化した無料化社会実験予算案について、「ぜんぜんやる気ないじゃないか。このようにお叱りをいただくような中身だと思ってます」と、評した。

政務三役がいっしょになって作り上げた要求なのだから、大臣になったからやり直して増額しますというわけにもいくまい。しかし、トップに立った以上、これまでのように「私の力で超えられないこともある」と言い訳するわけにもいかない。限られた社会実験予算でどこまで実を上げることができるか。また、上限料金制についての議論も次期国会では進めなければならない。

むしろ無料化に反対する逆風が強い中で、馬淵氏がライフワークとする高速道路無料化へのロードマップを完璧な物にすることができるか。真価が問われる。

●馬淵澄夫国土交通大臣の略歴
1960年8月23日生まれ。50歳。横浜国立大学工学部土木工学科卒。03年11月衆議院初当選(奈良1区)。民主党国対副委員長、政調副会長などを経て、09年9月に国交副大臣就任。当選3回。