キャンターE-CELL

三菱ふそうトラック・バスは9月23日から9月30日まで、ドイツのハノーバーで開催される「第63回IAA国際商用車ショー2010」に、世界初公開となるEVトラックのコンセプトモデル『Canter E-CELL』を参考出品する。

コンセプトモデルのCanter E-CELLは、ダイムラーグループの「将来の輸送のあり方を形成する」の思想に基づいて開発した電気自動車。車両総重量3.5トンの欧州向け小型トラック「キャンター」の3S13モデルをベースに、40kWhのリチウムイオン電池と出力70kWの電気モーター(最大トルク300Nm)を搭載する。380Vの約6時間充電で、航続可能距離は約120キロ。

また、ハイブリッドトラックの「キャンター・エコ・ハイブリッド」やユーロ5排出ガス規制の基準よりPM排出量を30%低減した「EEV規制対応キャンター」など、合計8台を出展する。