豊田合成は、エピスターが保有する青色発光ダイオード、赤色発光ダイオードなどのLED技術に関し、それぞれが保有する特許を相互に活用できる特許クロスライセンス契約を締結した。

エピスターは、AlGaInPLEDやInGaNLEDに有用な特許を多数保有する。豊田合成もInGaNLEDに関する特許を多数保有している。LEDはエネルギーコストの低減や寿命が長いことから、さまざまな分野で需要の拡大が見込まれている。

両社は、LEDの需要を開拓するため、所有する技術を尊重し合い、相互に活用して、LEDビジネスの拡大を図る。

今回の契約によりエピスターと豊田合成は、相手が保有する特許権を考慮する必要がなくなり、開発の自由度が高くなり、LEDの高輝度化などの開発の加速が期待される。