イメージ

NTTドコモは、東京大学と共同で11月1日から2011年3月31日までの期間、まちづくり分野での「モバイル空間統計」の活用に関する共同研究を東京大学柏キャンパスのある千葉県柏市で実施する。

NTTドコモは携帯電話事業を通じた社会貢献の一環として「モバイル空間統計」の研究に取り組んでいる。モバイル空間統計は、携帯電話サービスを提供するために必要な運用データから時間毎に変化する人口の地理的分布を推計した統計情報。

今回、東大と実施する共同研究では、ドコモがモバイル空間統計による都市の人口分布の時間変動の推計を、東京大学が人口変動と都市空間との関係性の分析を実施、まちづくり分野でのモバイル空間統計の有用性を検証する。

具体的には、モバイル空間統計により柏市の季節・曜日・時間による属性別人口の変動を推計するほか、人口変動と柏市の公共施設の利用実態との関係性の分析し、現行の都市空間を有効に利用できる新しい利用方法を提案する。市全体の人口分布の時間変動を推計することで、学校や医療福祉施設など、既存の公共公益施設の利用や機能転換などの計画をより効率的に提案することが可能となる見通し。

モバイル空間統計は、携帯電話サービスを契約者に提供する過程で必要となる位置データや属性データなどの運用データを統計処理することによって作成された人口分布の推計値で、契約者個人は特定できない。

共同研究の成果は、実験終了後に学会などで公表する予定。