iPhone 4

米消費者専門誌『コンシューマーレポート』は13日、アップル社の『iPhone 4』について、「ユーザーが購入するのを推奨しない」との声明を発表した。

これは、iPhone 4の電波の受信感度が悪化する不具合に関して、アップル社の対応が十分でないとの判断によるもの。『コンシューマーレポート』は今年7月にも、「iPhone4を推奨せず」としている。

『コンシューマーレポート』は、米国の消費者の購買行動に、大きな影響力を持つ。今年4月には、トヨタの高級SUV、レクサス『GX460』(日本名:トヨタ『ランドクルーザープラド』)の横滑り防止装置に問題があるとして、同車を「推奨せず」と発表。トヨタはその後、迅速な不具合対策を取り、同誌は5月、「推奨せずとした判断を撤回する」と公表している。