電気自動車用リチウムイオンバッテリーを活用した蓄電池搭載住宅の概念図

住友林業は、CO2排出量低減に配慮した「住友林業の家」で、日産自動車が発売を予定する電気自動車『リーフ』に搭載されるリチウムイオンバッテリーを住宅用蓄電池として活用し、将来的な2次利用を視野に入れた実証実験を実施すると発表した。

住友商事と日産が合弁で設立した電気自動車用リチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化を目的とするフォーアールエナジーとの間で、リーフ用リチウムイオンバッテリーを使用した実証実験を行う。実験の成果に基づき、リチウムイオン電池の2次利用の将来の事業化に向けて、日産とリチウムイオン電池を共同開発するNECとフォーアールが共同で検討する予定。

住友林業は、住宅の建設・運用・解体・廃棄までに排出するCO2排出量を徹底的に減少させる取り組みを進めている。EVの普及でリチウムイオン電池も増える見通しで、これを住宅用蓄電池として2次利用することに協力、資源の有効活用による低炭素社会に貢献していく。

リーフ プロトタイプ リーフ プロトタイプ リーフ プロトタイプ