マーチ新型

日産自動車は15日、『マーチ』、『マイクラ』のグローバルでの受注台数が、タイで3月に発売してからの半年間で5万4000台になったと発表した。

3月13日にタイで発売後、9月13日までのタイ、日本、インド、中国での累計受注が5万台を超えた。内訳はタイが2万5713台と年間目標の2万台を上回る台数を受注し好調。7月13日発売の日本は2か月で2万1857台と月間販売目標(4000台)の5倍になった。

インドでは7月14に発売し、5月25日の受注開始以来、累計4000台を受注した。中国も8月30日に発売し2週間で3000台を受注した。

受注状況について日産では「好調に推移している」としている。10月には欧州向けにインドから輸出を始めるほか、11年初頭にはメキシコでの生産を始める。新開発のVプラットフォームを使ったグローバルコンパクトカー(GCC)はマーチを含む3車種合計で2013年までに100万台の販売を目指すとしている。

マーチ新型 マーチ新型