14日に公開された新型車のティーザー写真

ランボルギーニは14日、30日に開幕するパリモーターショーで公開する新型スーパーカーに関して、「マニフェスト」とも受け取れる異例の宣言を行った。

このマニフェストは、同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOの名前で出されたもの。新型スーパーカーでは、最高速の追求だけでなく、ハンドリングと加速性能の向上が謳われる。

ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「スーパーカーは、最高速300km/h以上の性能を備える。しかし、これはサーキットでしか引き出せない性能。我々は、スーパーカーが最高速よりも、ハンドリングと加速性能の向上にシフトする時期がきたと考えている」と述べた。

そのために、新型車では大幅な軽量化に取り組む。マニフェストでも、この点が強調された。ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「80年代の半ばから、主に衝突安全性能を向上させるため、ランボルギーニ車の平均ウェイトは500kg増した。しかし、新型スーパーカーでは、カーボンファイバーを効果的に使い、大幅なウェイトダウンを達成する」と語った。

また、ランボルギーニは新型スーパーカーのティーザー写真第2弾も公開。エンジンカバーの一部だろうか、10個並んだ放熱ダクトのようなものが確認できる。

この新型スーパーカーは『ムルシエラゴ』の後継車と見られ、ネーミングは『イオタ』が有力だ。

6日に公開されたティーザー写真