ウェザーニューズは、17〜19日にツインリンクもてぎで開催される「INDY JAPAN 300 mile」(インディジャパン300)の運営を気象面からサポートする。

今年で2回目の運営支援となるウェザーニューズでは、昨年同様、予報センターのメンバーを会場に常駐させ、上空のデータや気象衛星、気象レーダーなどの情報、会場周辺の一般サポーターから寄せられる天気情報を加えた高精度な短時間予報を活かし、大会運営をサポートする。

インディカーレースはカーブの少ない楕円のトラックを周回し、平均速度300km/h以上と早いスピードでレースが繰り広げられるので、レースカーは雨によるスリップ、風による横転事故の可能性が高い。レースは雨が降り出したら中断(もしくは中止)、風も風速10m/sを超えると中断となる。

またツインリンクもてぎは丘陵地帯に位置し、分水嶺が入り組んでいる地形にある。風が複雑に入り組み、局地的な雲や「ゲリラ雷雨」が発生しやすい。

気象予測は、地上や上空データ、衛星、レーダーなどのデータに、会場周辺のサポーターから寄せられた『ウェザーリポート』や『10分天気予報』による実況情報、体感の情報も加味し、判断する。サポーターから寄せられる“今”の天気は、観測機を配備していないエリアの天気を把握する上で、貴重な情報となる。

また、突発的かつ局地的に発生する雨雲を捕捉するために開発された、高頻度気象レーダー「WITHレーダー」を搭載した観測車を稼働させる。従来のレーダーでは捉えることのできない対流圏下層(上空2km以下)の現象を、6秒毎に半径50kmの範囲を高頻度観測し、雨雲の移動速度、移動方向、雨の強さを観測できる。