マキネン、インプレッサのドラテク指導

スバルは7日、トミ・マキネン氏がスバル・ラリーチームUSAのデイブ・ミラ選手に、『インプレッサWRX』のラリーマシンでドラテク指導を行う映像を、動画共有サイトで公開した。

トミ・マキネン氏は、元WRC(世界ラリー選手権)ドライバー。三菱『ランサーエボリューション』を駆り、1995年から4年連続でWRCチャンピオンを獲得した。2002年にはスバルへ移籍して、初戦のモンテカルロで勝利。しかし、2003年シーズンをもって、ラリードライバーを引退している。

また、マキネン氏は今年4月、久々の復活となった『インプレッサWRX STI』の4ドアに乗り、ドイツ・ニュルブルクリンクでタイムアタックを実施。GMのキャデラック『CTS-V』が2008年にマークした7分59秒32を上回る、7分55秒の量産4ドア車の世界最速タイムを記録した。

そんな伝説のWRCドライバー、トミ・マキネン氏が、スバル・ラリーチームUSAで成長著しいデイブ・ミラ選手にドラテク指導。マキネン氏の的確なアドバイスや、現役時代さながらのアグレッシブなドライビングスタイルは、動画共有サイトで見ることができる。

マキネン、インプレッサのドラテク指導 マキネン、インプレッサのドラテク指導 マキネン、インプレッサのドラテク指導 マキネン、インプレッサのドラテク指導 マキネン、インプレッサのドラテク指導