山本左近

イタリアGP決勝(12日)でのピットストップ中に、ロリポップマンの指示ミスでメカニックを轢いてしまったヒスパニアの山本左近がそのときの様子を語った。

「とにかく心配だったよ。無線で『大丈夫だったか?』と尋ねたら、『深刻な状態ではない』と言われてホッとした。それ以外は良いペースで走ることができていたので、とにかくレースに集中し、ベストの結果を残せるよう努力したよ。メカニックも無事だったし、レースも完走できて良かった」と左近。

メカニックは救急車でメディカルセンターに運ばれたものの、幸い重傷ではなかったとのこと。ただし、ヒスパニアは危険なリリースをしたとして2万ドルの罰金を受けた。

山本左近