GT-R現行

日産、そして日本を代表するスポーツカー、『GT-R』。その次期モデルに関して、日産の志賀俊之COOは、EVとなる可能性に言及した。

これは英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が13日に報じたもの。同メディアのインタビューの中で、志賀COOは、次期GT-RがEVスポーツとなる可能性を示唆したのだ。

インタビューの中で、志賀COOは「GT-Rは日産の伝統の一部。日産は創業当初から、スポーツカーを通じて、ドライビングプレジャーを提供してきました」と述べた。

さらに志賀COOは、新型車に関するコメントはしないと前置きした上で、「日産ブランドやその技術を維持しながら、新たなスポーツカー像を提案するには、EVスポーツカーが望ましいと考えている」と語った。

日産は年内に新型EV、『リーフ』を日米で発売。EV市場におけるリーディングカンパニーを目指している。日産のイメージリーダー的存在のGT-RがEVとなれば、鬼に金棒といったところだろう。

インタビューの最後に、志賀COOは、「市場の風向きは変わり、顧客のエコ志向は強まっている。だからこそ、100%エレクトリックのスポーツカーは受け入れられる。我々はすでに、インフィニティのハイブリッドスポーツカーの開発に着手している」と述べた。

果たして、次期GT-RはEVとなるのか。EVでなくても、ハイブリッド化など、パワートレインの大改革が行われると予想される。その意味で、志賀COOの発言は注目できる。

GT-R現行 GT-R現行 http://www.autocar.co.uk/