デンソーの子会社デンソーウェーブは、QRコードに文字や絵を重ねてデザインし、意匠性を高めた「デザイン入りQRコード」を開発、普及活動を展開すると発表した。

市場に浸透しているQRコードは1994年にデンソーウェーブが開発した。現在、国内外の製造、物流、流通業界の生産管理、トレーサビリティ用途などの分野で広く使用されているが、さらに国内では、携帯電話のQRコード読み取り機能を利用し、Webサイトへ誘導する用途で一般消費者の間でも急速に広まっている。

Webサイト誘導用のQRコードで、各社のブランドイメージアップやアクセス数アップを目的に、デザイン入りQRコードのニーズが高まっている。デザイン入りQRコードは、本来のQRコードに文字や絵を重ねるため、スキャナでの読み取りに障害となるケースが発生している。

同社は市場でのニーズの高いデザイン入りQRコードの浸透を図るため、生成・読み取り技術を確立した。今後、普及を推進していく。

今回、A・Tコミュニケーションズと協力して、同社が開発したデザイン入りQRコードを普及させていく。A・Tコミュニケーションズは、独自の技術によりQRコードの読み取りに障害なく、デザインを重ねることに成功した「LogoQ」を開発し、市場展開している。

デンソーウェーブは、保有するデザイン入りQRコードに関する特許をA・Tコミュニケーションズにライセンス供与し、共同で品質の高いデザイン入りQRコードの普及を促進していく。