TU-DTX600

パナソニックのオートモーティブシステムズは、クルマの地デジ化を加速させるため、受信性能が高い4チューナー×4アンテナの『TU-DTX600』と、価格を追求した2チューナー×2アンテナの『TU-DTV60』の車載用地上デジタルチューナー2機種を10月16日から発売する。

新製品のデジタルチューナーは、デジタルハイビジョンテレビ『ビエラ』で採用していいる高画質技術を車載向けに展開した「PEAKSプロセッサー」を搭載する。また、車載特有の複雑な反射や時間差で到来する電波をより正確に捕える小型シリコンチューナーも搭載している。

さらに、受信レベルが変化する場合、地上デジタル放送(12セグ)とワンセグとを自動で瞬時に切り換える。特に、TU-DTX600は、従来の放送局サーチを進化させた「新・放送局サーチ」を搭載した。これは受信可能エリアから外れそうになることを予測し、4つのチューナーのうちの1つが中継局や系列局を自動で探し出し、瞬時に切り換えることで継続視聴を可能にする。

価格は全てオープン価格。

TU-DTV60