スイフト新型

スズキが18日より発売する新型『スイフト』は、好評だった2代目のデザインを踏まえ、改めて“スイフトらしさ”を追求したものである。

エクステリアデザインを担当した四輪技術本部第2カーラインチーフデザイナー松島久記さんは、新型の面質について、「(面質は)時代とともにトレンドが移り変わるので、どのような面が新鮮に見えるかというのをアップデートしていかなければいけません」という。

「先代のスイフトでは、スタティックすぎてつまらない部分や、潤い、エレガントさが欠けているという指摘があったので、新型ではより上質でエレガント、かつよりスポーティに見せるような感じで面質をリファインしました」

特にボディサイドとボンネットの面は気にした。「ネガ面を入れて面のしっとりした潤いを表現しました。やりすぎるとトレンドに走りすぎた感じで古くなるのが早いので、全体として奇をてらわず、息の長いデザインにしています。流行りすたりに関係なくスイフトはスイフトとしての存在感を狙っています」。

松島さんは新型のデザインについて、「寸法がかなり変わっているにもかかわらず、コンパクトに見えていることを評価してもらいたいです」という。「先代の良い印象を守るようにというオーダーを受けていたので、大きくしない、大きく見せない、凝縮感を損なわないよう苦労しました」。

フルモデルチェンジにもかかわらず、先代と印象がそれほど変わらないことについても、「全て変わっていますがぱっと見同じに見える。我々の目指したものはスイフトを構成する全ての要素をもう一回解釈し直して、それをよりアピールしようと考えていますので、目を閉じてスイフトとはどんな形かと思い浮かべて、思い浮かべた形がここにある。新型を見た後、先代のスイフトを見ると、新型の方がよりスイフトなんじゃないのと感じてもらえると思います」と語った。

スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト先代