LUMENEO社のEVコンセプト NEOMA

フランスのLUMENEO社は30日に開幕するパリモーターショーに、EVコンセプトカーの『NEOMA』を出品する。

同社は2006年、エンジニアのダニエル・ムレーヌと デザイナーのシェリー・ムレーヌが設立。それ以前の2003年から、二人は旋回時にバイクのように傾くコンパクトカーの研究を続けてきた。

2005年に研究成果を世界30か国に認められ、特許を取得。二人は2006年6月、LUMENEO社を設立。 2008年3月のジュネーブ・ モーターショーにおいて、『SMERA』と呼ばれる2名乗りのEVコンセプトカーを初公開した。

今年のパリで披露するEVコンセプトカー、『NEOMA』はSMERAの考え方を発展させたもの。ボディの全幅を拡大し、乗車定員は2名から実用的な4名に増加させた。それでもボディサイズは、全長2490×全幅1600×全高1500mmと小さい。コーナリング中に車体が傾くのは健在だ。

パワートレインは、SMERAのものを応用。モーターは最大出力42psを発生。2次電池は蓄電容量10kWhのリチウムイオンバッテリーだ。NEOMAは最高速135km/h、最大航続距離145kmの性能を確保している。

LUMENEO社はこのNEOMAを欧州主要国で販売する計画。価格は政府の補助金適用前で、2万9500ユーロ(約315万円)程度を想定している。

LUMENEO社のEVコンセプト NEOMA LUMENEO社のEVコンセプト NEOMA