優勝:デュバル

日本最高峰のモータースポーツカテゴリー「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン」は、9月25〜26日に開催される宮城県・スポーツランドSUGOでの第5戦から、怒濤の連戦モードでシリーズ終盤戦に突入する。

今季ここまでは、4月の開幕戦から8月の第4戦まで比較的ゆったりした開催間隔で進んできたシリーズが、第5〜6〜7戦は中2週、中2週というタイトな間隔となる。しかも最終第7戦鈴鹿の翌週が、富士での「JAF GP スプリントカップ」(特別戦、SUPER GT共催)ということで、2か月弱の間に4イベントをこなす“秋の集中開催”とも称すべき状態なのだ。チャンピオンを争う面々は、流れをつかんで一気に押し切りたい。その意味でも、終盤戦の入口である第5戦の位置づけは極めて重要と言える。

そのSUGO戦から、ワンメイクシャシーの「FN09」にパワーステアリングが導入される。重過ぎるステアリング特性からドライバーが解放されることによって、セッティングやレース戦略にも変化が生じる可能性があるところがミソだ。また、このSUGOからトヨタ、ホンダの両エンジンが2010年後半戦仕様に変わるので、パワステの件と併せて考えると、マシンの素性が大きく変化する可能性さえある(エンジン競争過熱化によるコスト高騰防止のため、エンジンはあくまで微妙な仕様変更レベル、なのだが)。

そうなると、ここまでの4戦からガラッと勢力図が変わることも、ないとは言い切れない。1レースの結果次第で逆転も、という圏内でチャンピオンを争うトップ5、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(インパル・トヨタ)、小暮卓史(ナカジマ・ホンダ)、平手晃平(インパル)、アンドレ・ロッテラー(トムス・トヨタ)、ロイック・デュバル(ダンディライアン・ホンダ)のなかの、誰が好調を持続して、誰の状況が暗転するのか? 興味は尽きない。

なお今回は、パワステ導入による1時間の特別テスト走行が予選前日の金曜(24日)の16時から実施されることが決まっている。

レース距離は230kmで、タイヤ交換義務なし。前述したようにマシン特性が大きく変化する可能性もあるため、燃費についても不確定な面が大きいのだが、無給油という選択肢が採れないことはない設定と言えよう。各陣営の作戦も大きな見どころだ。

王座争いの分水嶺ともいえるSUGOラウンド。流れを決めるのは、はたして誰か?

2位:小暮 3位:平手