中興化成工業は、自動車用エアバッグのシリコンコーティング(SC)の生産能力を2倍に増強する。

同社は長崎県松浦市にあるSC工場で、自動車用エアバッグの基材であるナイロン基布へシリコンコーティングを加工している。自動車に装着されるエアバッグ数の増加に伴って、昨年ごろから需要が拡大し、操業時間の延長などで増産対応してきたものの、フル生産状態が続いている。

また、自動車の安全装備の充実が進み、サイドカーテンエアバッグの搭載率上昇に伴ってさらに需要の増加が見込まれることから、設備投資を決定した。

工場の建屋を一部増築し設備も導入して、シリコンコーティングの生産能力を現在の年産650万平方メートルから約2倍に増やす計画だ。投資額は約5億円。新しい設備は2011年4月から稼働する予定。